読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世界の片隅に

映画

f:id:inu_suke:20161120114909j:plain

2016年 日本

監督・脚本:片渕須直

原作:こうの史代

出演:のん

音楽:コトリンゴ

 

戦時中の日本を舞台にしたアニメ映画なんだけど、本当に素晴らしかった。

これはすごい。胸がしめつけられた。

まだ見ていない人で、ちょっとでも気になっているのなら今すぐ映画館に行って見に行ったほうがいい。これはたくさんの人が見るべき映画。学校の教材にしていいと思う。

 

戦時中の庶民の生活を淡々と描いている内容なんだけど、それがすごくリアルで細かい描写なので、その時代にタイムスリップしたような臨場感だった。

 

戦争は異常だ。なんでこんなことになった。普通じゃない。普通が尊い。

 

だけど、戦時中ってたしかにおかしな世界なんだけど、それは決して非日常というわけではなく、当時暮らしていた人々にとって毎日の日常であったわけで。そりゃあ食べ物も無いし、娯楽もなにもない辛い生活なんだけど、だからといって毎日毎日悲しんでいるわけではなくて、笑うときだってあるし、のんびりしてるときだってある。

悲壮感だけじゃないというところが余計にリアルに感じたし、余計に「普通」が尊く感じた。

 

主演の声の、のん(能年玲奈)がとても良かった。のん以外考えられない。ハマりすぎ。自然すぎる。主人公のキャラクターに憑依していた。これ違う人だったら全く違う印象になっていたかもしれない。

 

そして、音楽のコトリンゴの曲が、さりげなく静かにエモく美しかった。

 

エンドロールが終わって場内から自然と拍手がおこった。映画館で拍手がおこる映画なんてなにを見た以来だろうか。