読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ【ネタバレあり】

映画

 

f:id:inu_suke:20160731212434j:plain

2016年 日本

総監督・脚本:庵野秀明

監督・特技監督樋口真嗣

出演:長谷川博己竹野内豊石原さとみ

 

ーーーーーーーーーーーがっつりネタバレありーーーーーーーーーーー

 

 

 

シンゴジラ見てきました。しかも2回。

めっちゃ面白かった。これはやばい。

 

庵野秀明シン・ゴジラの監督をやると聞いたときは、みんなして「エヴァの映画は?」「エヴァのつづきはよ」とエヴァンゲリオンの映画が途中なままなのに苛立っていた。エヴァが収集つかなくなって現実逃避したのかと。

しかし、もうそんなことはどうでもいい。庵野秀明をもう許してやってほしい。今回のシン・ゴジラがめちゃくちゃ面白かったので、エヴァンゲリオンの新作はもう作らなくてもいいとすら思えた。そろそろエヴァンゲリオンという呪縛から解放してあげたほうがいいんじゃないかと。庵野秀明が本気を出して作った映画がこんなに面白いならば。

きっと庵野監督が本当にやりたかったのはこれなんだろうなって思った。このシン・ゴジラがやりたくていままでエヴァをやってたんじゃないかって思うくらい。上手く言えないけど熱意というか本気が伝わった。

 

僕はエヴァが好きで、そういう目線で見ているからなのかもしれないけど、シンゴジラ、まんまエヴァだった。まるで実写版エヴァンゲリオン

カット割りの仕方、アングル、効果音、演出、すべてがエヴァだった。作戦会議のときのデン♪デン♪デン♪デン♪が流れたとき、ミサトさんの声が脳内再生した。

 

ゴジラを駆除するために、自衛隊をどう使えばいいのかとか、アメリカに助けてもらうために日米安保条約をどうするだとか、それってまさにいま日本が抱えている問題で、タイムリーなテーマだなって思った。

政府の対応は後手後手のお役所仕事。そりゃあゴジラの対策マニュアルなんてある筈ないからどうしたらいいのか誰にもわかんない。誰もなにも決められない。日本の政府と公務員が頑張る話だった。その日本人っぽいなーってところがリアルで良かった。

 

あと、これもエヴァンゲリオンでも好きな要素なんだけど、建造物フェチなところ。工場とか土木・工業系の重機がいっぱい出てくるのがたまらん。ゴジラの出現場所が川崎とか蒲田あたりなのが絶妙。ゴジラとの戦闘場所が多摩川の河川敷なのもすばらしい。

こんな細かいところ褒めだしたらキリがなくなりそう。

そして、戦闘シーンがカッコイイ。自衛隊が戦闘機と戦車でゴジラと対峙する緊張感とか。東京の風景で自衛隊がミサイルぶっ放しまくる非日常感が、俯瞰の景色のときに「これ、すごい絵だな…」と。

自衛隊の戦闘の描写がリアルだったんだけど、最後のエンドロールで自衛隊の名前がいっぱい出てきた。お墨付きがあるからこそのリアリティなのかなって思った。それもそうだし、今回出演者が異常に多く、エンドロールがすごかった。キャストがとにかく豪華。ちょい役で色んな人がたくさん出てきた。2回見ても把握できない。

 

で、やっぱり一番ゾクゾクしたのはゴジラがビームを出すシーン。

ゴジラが最高にカッコよかった。ゴジラに恐怖を感じ、それと同時に哀愁や切なさも感じた。ゴジラが総攻撃を受けているときに可哀想に感じた。切なさと恐怖が紙一重で混ざって感情が爆発したあのゴジラのビーム。弱いときは炎なんだけど強くなると細くなって「キュィィィィィン!!!!!!」って高音になるあれ。カッコよすぎじゃないすか?

あ のビームは映画史に残るカッコ良さだと興奮している。

こういう描写は庵野秀明の真骨頂である。エヴァ初号機の暴走。ナウシカ巨神兵の「なぎはらえ!!」然り。ゴジラが東京を火の海にするときの絶望感がやばい。本当に「東京おわった」って思った。

エヴァンゲリオンでも第三新東京市で暴れまくってたし、使徒に対しての絶望感もたくさんあったけど、それはあくまでも架空の都市(そしてアニメ)だったわけで。今回はリアルな東京、見慣れた景色がぶっ壊れるというこのクライマックスは、いままでなんの映画で味わえただろうか。この覚醒して目の瞳孔が開いたゴジラが暴れる恐怖感が、どの映画よりもリアルに感じられたのは、自分が日本人で自分が住んでいる東京が舞台だからっていうのもあるかもしれない。今作が邦画のパニック映画の最高地点だとしたら、これ以上の興奮ってなにかあっただろうかと。過去自分が見た映画を思い返している最中である。

 

それともう一つ、2011年に震災が起こって、日本中が緊迫した状況になった経験があった。そのときの緊張感と照らし合わせて見ていたのもあったと思う。それもこの映画がリアルに感じたひとつの理由かもしれない。

 

f:id:inu_suke:20160806183251j:plain

 

そして、見終わって興奮のあまりパンフレットも買ってしまった。映画のパンフレットを買うのってもしかしたらはじめてかもしれない。

 

シン・ゴジラすばらしかった。文句なしの5億点。