読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ヒトラー 最期の12日間」を見た

f:id:inu_suke:20130527100752j:plain

映画「ヒトラー 最期の12日間」をDVDで見ました。

2004年の作品です。

ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの最後の12日間を描いたノンフィクションです。

 

正直僕は戦争の歴史をあんまり詳しく知りません。ヒトラーという男も、存在は知ってはいても、どんな人物だったかはよく知りませんでした。なんとなく「独裁者」というイメージだけ。

 

それで、今回この映画を見てヒトラーという男がどんな人だったのかって、

いや、もうとんでもない奴なんですけど、本当に悪魔みたいな男だなって思ったし、完全に狂人だと思いました。

しかし、なぜかヒトラーを憎めなかった。完全な諸悪の根源なんですけど不思議と憎めなかった。

ヒトラー役のブルーノ・ガンツの演技がそう思わせたのか、なんか彼の背中にとっても哀愁があったんですよ。

冷静に話していたかと思えば突然狂ったように怒りだした2分後にはションボリしたり、完全に情緒不安定なんですけど、戦争のど真ん中で追いつめられてもう頭おかしくなってるんですよ。

その頭がイカレてる演技が凄みがあって、本編2時間半くらいあったんですけど、終始飽きなかった。ヒトラーの一挙一動に目が離せなかった。

ドイツ軍はロシア軍に包囲されて絶望状態だし、ヒトラーの言ってる事も無茶苦茶だし、周りの軍人達は「もうヒトラーの言ってること訳分かんないっす…もう諦めて降伏したいっす…」っていう空気がすごいんですけど、とにかくヒトラーは「降伏は絶対ダメだ!裏切ったら殺す!」としか言わないもんでみんな従うしか無い、思考停止状態。

 

でも、ヒトラーに戦いの成果を優しく褒められると嬉しく思ってしまったり、ヒトラーの淋しそうな背中を見ると守ってあげたくなってしまったり。なんか可哀想だとも思ってしまった。ひょっとして彼の信念は正しいのか?と錯覚すらしそうになった。もしかしたら僕も洗脳されてしまったのかもしれない。それくらいこのヒトラー役のブルーノ・ガンツの演技に魅了されてしまった。

 

しかし、この話は狂ってる。

やっぱり戦争はよくないって事を改めて強く思ったし、色々考えさせられた。

壮絶な映画でした。