ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観に行った。

f:id:inu_suke:20130717023301j:plain

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを、南町田の映画館へ観に行ったわけですが、

 

一体なんなのかこれは…

一体なにがおこったのか……映画を見終わってしばらく放心したよ。

話がさっぱり分かんない

 

前作の「序」で、リメイクっぽくなって映像も綺麗になって、戦闘シーンとかカッコ良くなって、そのあとの「破」で、ストーリーもちょっと変えてきて、最新の映像表現+新しいストーリーということで、期待がどんどん上がって、焦らされて焦らされて、さあ最新作はどうなるの!?っていうところで全部ぶっ壊してきやがった。

 

まあ…いつものことじゃないか、オリジナルのTV版だって、序盤の何話までは普通の分かりやすい面白いストーリーで、徐々に哲学的な難しい話になって、最終的には訳の分からない話で終わって「えええ????」ってなったじゃないか。

その完結版にあたる旧劇場版も同じように結局訳の分からない結末で物議をかもしたじゃないか、「話が分からない」なんてのはいつものことじゃないか。

我々見る側が勝手に「いや、あれは深い意味があってえ。」と話を推論して神格化してるだけで、実は意味なんて無いんじゃないのかと。

 

しかし、序盤に与えられた「面白さ」という甘い蜜が忘れられないんですよ我々信者は。「きっと何か意味がある筈だ。」と、納得がしたいだけなんですよ。必死に涙目になって意味を探して、神だの聖書だの宇宙だの、話は勝手に一人歩きして壮大なスケールに話がふくれあがってるエヴァンゲリオンなんですけど。

 

もう僕は今作を見て心が折れそうになった。

ここで脱落したら負けなのだろうか…。それとも楽になれるのだろうか…。

訳が分からないの次元を超えて全く別のアニメを見た気分になった。

映画のチケットを買い間違って別のスクリーンに入ってしまったのかと思ったくらいだ。

 

話の終盤で、主人公の碇シンジが、カヲル君にこう叫んだ。

カヲル君が何を言っているのか分からないよ!」

 

視聴者を代弁しすぎていて笑った。これほどシンジ君に共感するなんて思わなかった。

 

こんな展開になったあと、次回作は一体どう落とし前をつけてくれるのだろう、結局次回作も気になって気になって観てしまうのだろう。

 

)