読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスト

f:id:inu_suke:20150912041304j:plain

2007年 アメリカ

原作:スティーヴン・キング

監督:フランク・ダラボン

出演:トーマス・ジェーン

 

最悪。

これは酷い。すごい、ひどい。もう一度言おう、すごい、ひどい。

こんな胸クソ映画はそうそうない。

「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」この煽りがあながち間違ってないのがムカつく。

いままで見た「後味の悪い映画ランキング」をあげるとしたら余裕で3位に入る。ちなみに1位はダンサー・イン・ザ・ダークだけど。

ある意味衝撃作。しかしこれを「いやあ凄かったよお」と人に言うのがなんか悔しい。なんかよくわからないけど負けた気がする。なんだこの敗北感。

この問題のラストシーンは原作には無くて、フランク・ダラボン監督が追加したらしい。監督すげえ。もう監督の勝ちを認めざるおえない。「凄い映画だった」と素直に言わないとやりきれない。