映画「スクリーミング・マスターピース」を観に行った。

f:id:inu_suke:20070728124103j:plain

 

渋谷シネクイントで 「スクリーミング・マスターピース」 というドキュメント映画を見に行きました。

アイスランドの音楽を語るドキュメント映画でした。

アイスランドの音楽といえば、ビョークシガーロスmumなどが有名ですが、どうして人口わずか30万人ほどの小さな島国からこのような個性的なミュージシャンが多く出てくるのかを探るべく、インタビューとライヴ映像とでアイスランドの音楽の文化を語るという内容でした。

 

この国、人口が約30万人に対して音楽学校が90校もあるらしい。首都レイキャヴィクには至る所にライヴハウスがあるんですって。音楽に対してアカデミックで、意識が強い国らしい。

それと、雄大な大自然が素晴らしく、ため息が出るくらいファンタジーな風景がいっぱいで、ビョークはこんな景色を見て育ったからあんな壮大な音楽なのかと。

なんとなくビョークシガーロスの音楽の魅力の秘密が分かった気がした。