トイストーリー4

f:id:inu_suke:20190804000546j:plain

2019年 アメリ

監督:ジョシュ・クーリー

 

最初に言っておくとトイストーリーに関しまして、ピクサー史上最高傑作の作品だと思っているし、パート1、2、3ともに全てが完璧。これほどぐうの音もでない完璧な物語はねえ。とまで思っている。

 

ここまで言っておいて恐縮ですが、ここから先はガンガンネタバレを書いていくのでご了承願います。

 

前作のトイストーリー3が、あまりにも完璧な終わり方だったので、もうこれ以上ねえだろうと。3を超える感動なんてあんのかと。その時点でかなりハードルが上がりきっていたのはあった。

 

「アンディが大人になってウッディと別れてしまう」これ以上の感動はもうないのだろうかと。

 

そこで、今回のトイストーリー4ですが、

率直に言うと、

トイストーリー3は超えられなかった。

 

いや、それはですね。

今回ウッディと、新しい持ち主の子供のボニーとの関係が希薄すぎて、ウッディがただただ空回りしていているように見えて悲しくなった。

仮にウッディが主人公だとしての、ウッディ目線での話に限ってのことですが、今回のウッディはちょっと見てられない。

自分勝手すぎる。勝手に暴走するし、「大丈夫か?手伝おうか?」と言っても強がって断るし、結局その強がりが原因で問題が起こるし、みんなを振り回したあげく、せっかく協力してくれた人に対して「迷子のオモチャには分からないんだよ」などと心無いセリフを言い空気を凍らせて愛想尽かされるし、それでもなお、呆れられながらも手伝ってもらったにも関わらず、最後の最後でその手伝ってくれた人を置き去りにして自分だけ帰ろうとするし、あ、でもやっぱ帰るの辞めるわ!一緒に行くよ!ってお前なんなの。

 

ウッディがクズすぎて見てられなかった。

 

あ、でもあれか。彼はもともとそういう奴だった。

前作からずっとそういう奴だったよね、そういえば。ウッディって意識高い系クズなんすよ。噛み砕いていうとKYってやつ。僕も意識高い系クズの自覚が多少あるから尚更見ていて心が締め付けられた。まるで自分を見ているかのような錯覚になったというか。そんな人間よりも人間臭い奴なんすよ彼。

 

でもね、いままではそんなクズのウッディも、周りの仲間達があたたかくフォローしてくれて、挽回するチャンスをもらってなんとなく丸く収まっていたけど。今回はちょっとモヤモヤしました。

 

最後にウッディがボニーの元に一人で帰ろうとしたとき、ボーがウッディを見送るときの悲しい顔が忘れられない。あの顔は、強がってるけど本当は寂しいんですよ。あんな顔、全国のちびっ子達に見せてはいけない! というか、あんな複雑な表情、アニメーションで表現できることがすごいわ。リアルすぎでしょ。ウッディ、あの場で一言でもいいから「本当に一緒に行かなくていいのか?」くらい言えよ! 

 

まあ、今回のテーマはフォーキーという新キャラが、どれだけ子供にとって大切な存在なのか。というところに焦点があたっていたので、終始ウッディはフォーキーに手を焼いていただけで終わった印象だったのは可哀想ではあった。だから、それ以上に振り回されたボーがもっと可哀想になってしまったということなんだけど。

僕は、もっとオモチャと子供の関係性で感動したかったので、ウッディとボーの恋の行方の要素は蛇足だったと思った。

 

とはいえ、今回はフォーキーが重要なキャラだった筈なんだけど、肝心のフォーキーとボニーの関係も希薄だったんだよなあああ。だって、ずっとフォーキーがどっか行かないようにウッディが追いかけてるのがお話の全体の8割くらいだったじゃん。

ボニーは確かに「フォーキー」「フォーキー」言ってるけど、フォーキーとボニーの間でなにかしらの感情というか友情とかが芽生えた実感がほとんど無かったんですが…。

そのフォーキーを身を呈してまでボニーの元へ連れ戻したウッディはボニーと直接別れることもできずに自ら去ってしまうという…。

 

なんか報われない。悲しすぎ。

 

ウッディはあんなに苦楽を共にしたおもちゃの仲間達との別れ方もあれでいいんすか!?

あっさりしすぎじゃない?

職場に馴染めずに退職する人が最終日にお菓子を配りながら挨拶するくらいあっさりとした別れ方じゃない?もしかして既に送別会は済んでいたの??

 

 

でもね、今回胸が熱くなったのはギャビーでしたね。彼女は一人だけトイストーリーをやっていた。「子供に遊んでもらいたい。」というオモチャの気持ちに一番ひたむきだったのは彼女だった。

やっぱトイストーリーってそこが泣けるんですよ。

だからこそなおさら、フォーキーにも、「子供に遊んでもらいたい。」というオモチャの気持ちが芽生える時間をもう少し与えてほしかった。最初は自分はゴミなんだという意識から徐々にでもボニーと遊ぶ時間を重ねることで、オモチャへの自覚が芽生え、次第に2人の友情が…っていう。

もっとフォーキーで、切なく泣けるストーリーが見たかった。

 

いや、いや、それは違う。それは違うわ。

だってきっとフォーキーはボニーが成長したら真っ先に捨てられてしまう存在なのだから。彼に対して切なく泣けるストーリーなんて酷すぎる。

オモチャ達ですらいつ捨てられてしまうかと、自分の存在価値で悩んでいるのだから。

やっぱり、トイストーリーは深い。深すぎる。

 

ちょっと、まだ見終わった感想が自分の中で消化しきれていないけど、長くなるのでこのへんにしておきます。