読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秒速5センチメートル

映画

f:id:inu_suke:20160911232932j:plain

2007年 日本

監督・脚本・制作指揮:新海誠

 

新海誠作品はいままでひとつも見たことがなくて、最近新作の「君の名は」というのがヒットしているというので、代表作くらいは見といたほうがいいのかなと思い見た。

 

この「秒速5センチメートル」、やたら絶賛されている評判は目にしていた。「感動した」「泣ける」「切ない」と。押井守監督とよく比較されていたり。「ポスト宮崎駿」とまで言われているらしい。

 

 

率直な感想を言いますと、

 

僕は苦手ですね。

 

なにがって、作者の自我がすごいから。

 

男だからこそわかる男目線の描写、それが前面にですぎている。作者の我が反映しすぎて気持ちが悪くなった。

 

そしてストーリーが、内容が無さすぎ。

 

「昔好きだった女の子がいたけど、いまは疎遠になってます。ちなみに最近仕事つらいので辞めました。」

ー 終わり ー 

 

ほんとにこれだけ。疎遠になっただけ。

いや、よくあるよ。あるある。ドラマチックでもなんでもない。

 

しかし、よくある話だけど共感ができない。

主人公の男に一切感情移入できなかった。主人公がウジウジしていて終始イライラした。主人公が女の子の気持ち完全に無視してずっと空回っていた。自己愛が強すぎなんだと思う。女の子のほうは完全に忘れてるパターンだからもう忘れたほうがいい。

忘れたい黒歴史なんてみんな経験あるよ。ただそれは美談でもなんでもない。

 

「あのとき伝えられなかった気持ちを手紙に書いたけど結局渡せなかったし、いまは送るつもりのないメールを書いては消すことが日課になっています。」

 

お前はバンプオブチキンか。ポエムを書いてないでもう寝ろ。

 

この主人公、自分に酔ってるだけなんですよ。ただのナルシスト。そしてひたすら受け身。ストーカー予備軍。こういう童貞と青春をこじらせた奴ほどあぶない。

 

いや、実は純愛にみせかけた男の気持ち悪さを描いたサイコスリラーという裏テーマがあったんです。っていうならまだ納得した。(納得しないけど)

でも、おそらくそうじゃない。真剣に純愛なんだろう。

 

最後、山崎まさよしのOne more time〜をながしてなんかいい感じな雰囲気だして強引に終わったけど、この歌で感動するくだりは「月とキャベツ」って映画でもうやったから!

 

 

って、けなしまくって恐縮ですが、

いいなって思ったところもある。

 

背景の絵はすばらしい。そこはすごいと思った。背景は美しい。美術作品のよう。リアルな風景にデフォルメした表現をプラスして、リアルなんだけど非日常感がところどころにプラスされている。鮮やかすぎてゾクッとするような空の色彩とか。特に空の色にこだわってるんだろうなと思った。

リアルな現実の風景をトレースする手法はよくあるけど、それを上からなぞったタッチをあえて残しているのが不思議な世界観にしている気がした。アニメでやる意味をそこに費やしているというか、

 

しかし、背景は好きだけどストーリーに中身がない。

 

僕からは以上です。