読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘイトフル・エイト

映画

f:id:inu_suke:20160306144119j:plain

2016年 アメリカ

監督:クエンティン・タランティーノ

出演:サミュエル・L・ジャクソン / カート・ラッセル / ジェニファー・ジェイソン・リー / ウォルトン・ゴギンズ / デミアン・ビチル / ティム・ロス / マイケル・マドセン / ブルース・ダーン / チャニング・テイタム

 

密室ミステリーということで、台詞のお洒落さに定評があるタランティーノのことだから、言葉の駆け引きが見所なのだろうと期待した。

 

正直、前半はちょっとダレた。長い。トータルで3時間近くあったし。そしてストーリーの世界に入り込むまで時間がかかった。なかなかその世界観に乗れなかった。

なんだけど、後半急にわし摑みにされて一気に加速した。台詞のお洒落さという魅力ももちろんあるのだけど、役者陣の演技の力技で畳み掛けるようにねじ伏せられた。ベテランのキャストが豪華すぎた。

 

サミュエル・L・ジャクソンティム・ロスの演技も素晴らしかったのだけど、なかでもジェニファー・ジェイソン・リーの怪演がひときわ素晴らしかった。

 

f:id:inu_suke:20160306151953j:plain

 

どうしょうもないクソビッチなんだけど、ときおり見せる切ない表情が愛おしく。哀愁があって可愛い。クソみたいなビッチだった。

ずっと目で追ってしまうくらい持ってかれた。ジェニファー・ジェイソン・リーのファンになった。