読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクシードライバー

f:id:inu_suke:20160306122658j:plain

1976年 アメリカ

監督:マーティン・スコセッシ

出演:ロバート・デ・ニーロ / ジョディ・フォスター

 

いわずと知れた不朽の名作。

ロバート・デ・ニーロのカッコ良さを鑑賞する映画。

 

とにかく主人公のトラヴィスがダメ男すぎてすごい。女の子と上手く付き合えない。仕事もつまんない。街は薄汚れたクソみたいな世の中だ。リア充爆発しろ。みんな死ねばいいのに。

と、厨二病をこじらせたアスペがストーカーからサイコパスになってパンクに〜

 

 「反社会的」を集めすぎて数え役満

ぼくがかんがえたさいきょうの主人公状態だ。

 

この主人公の最もズルいところは、後半で第二形態の変身を残しているところである。「変身」もまた男子の憧れだ。その変身して覚醒したトラヴィスが異常にカッコイイ。

 

この映画の公開が1976年ということは、ちょうどパンクロックが全盛期の時代で、この映画がパンクスタイルを助長させたのかもしれない。トラヴィスがパンクそのものにしか見えない。彼の立ち姿は後世にどれほどの影響を与えたのか計り知れない。