読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前篇)

f:id:inu_suke:20160213003144j:plain

2015年 日本

監督:樋口真嗣

出演:三浦春馬 / 長谷川博己 / 水原希子 / 本郷奏多 / 三浦貴大 / 桜庭ななみ / 松尾諭 / 石原さとみ / ピエール瀧

 

先に言っておくと、この漫画は1巻しか読んでいない。

アニメは全部見た。漫画はピンとこなかったけど、アニメは描写が補正されていて、動きもわかりやすく躍動感があってハマった。アニメは面白かった。そんな完全なにわか。

 

この実写映画版、ずっとDVDのレンタルを待っていた。

というのもこの映画の公開時、ものすごい酷評の嵐で話題になっていたからである。

「どんだけ酷いんだ。」と、ずっと気になっていた。

もうその時点で僕は斜に構えている。そんな先入観があってはもう純粋な気持ちでは見れない。それもわかっている。

 

なんだけど、「そんなひどくなくない?」と、開始30分くらいまでは「けっこうよくできてるけど?」と、好感がもてるほど良かった。心配していたミカサ役の水原希子もいい表情でハマっていた。石原さとみのハンジも悪くない。

 

「なんだ、ただのネガキャンか」

 

と、拍子抜けしていた矢先、長谷川博己のシキシマという映画版だけの新キャラが出てきて雲行きがおかしくなった。シキシマがとにかく酷い。こいつはなんだ。こいつはなんなんだ。

 

こいつは一体誰なんだ。

 

シキシマが出てきてから、ミカサの様子もおかしくなった。ついでに主人公のエレンもシキシマとミカサがイチャイチャしてるのを嫉妬しだしておかしくなっていく。一体なにが起こっているんだ。こんな安い恋愛感情の話だっけ。世界観がガラガラと崩れていった。壁が巨人に崩されたこともどうでもよくなってきた。

 

というか、そもそもストーリーの設定がおかしい。

おそらく散々公開時に言われ尽くされたと思うけど、おかしな点を箇条書きにしてみる。

 

エレンの母親が巨人に食べられるという序盤の重要なカタルシスがカット。

エレンの母親すらでてこない。

エレンの巨人を恨む動機が希薄。

エレンとミカサの関係が希薄。

ミカサがエレンに冷たい。

リヴァイ不在。

リヴァイの代わりと言われている新キャラ・シキシマがクソみたいな男。

新キャラのクバルもクソ。

エルヴィン団長不在。

調査兵団が素人集団。

 

挙げたらキリがない。ストーリーもキャラクターもメチャクチャ。

エルヴィン団長もリヴァイもいない調査兵団は、作戦もなにもなくただ逃げ回っているだけ。それをシキシマが高いところからニヤニヤと眺めているというクソみたいな内容だった。

CGがしょぼいとか、演技が微妙とか、そんなことはもはやどうでもいい。

 

そして、この映画で最もおかしいのが、巨人を一本背負いした謎の怪力キャラ。

巨人を一本背負いするだけでも十分ありえないんだけど、よりによってそれが人間が巨人に対してのファーストタッチだというのが一番ありえない。最初の攻撃はせめて立体機動装置だろ!

それ以降、巨人への恐怖心が一気に冷めた。

 

これはファンが怒るのも無理はない。酷評されて仕方ない。