読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣人13号

f:id:inu_suke:20151006014658j:plain

2005年 日本

原作:井上三太

主演:小栗旬 / 中村獅童

 

二重人格の主人公を小栗旬中村獅童の二人で演じるサイコスリラー。

大抵、二重人格者の役って一人の人が豹変する演技をするのが一般的だけど、この映画は、役者ごと変えるという大胆さ。そりゃあ小栗旬中村獅童は真逆のタイプだから人格の豹変が実に分かりやすい。

虐められっ子で内気な人格が小栗旬で、サイコで凶悪な人格が中村獅童

その中村獅童がヤバい。中村獅童がまじで怖い。完全にイカれてる。サイコ野郎すぎる。一人だけ存在感が突出している。

しかし、その一方の小栗旬の印象が弱い。確かに虐められっ子だから大人しいのだけど、ただの無口な小栗旬だった。若くてイケメンの小栗旬がちょっと無口ってだけ。

サイコな中村獅童小栗旬との対比がどうも馴染まない。勿体ない。

中村獅童のサイコな演技を見るための映画なのかもしれない。

それと、元ヤン役に新井浩文がとてもハマっていた。この人のムカつく男の演技は素晴らしいと思う。

 

井上三太の漫画が原作ということで、この漫画は読んだことなかったのだけど、原作を読んで映画と比べてみたいと思った。