読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンスナイパー

f:id:inu_suke:20150814020453j:plain

2015年公開。アメリカ映画。

監督:クリント・イーストウッド

第87回アカデミー賞・音響編集賞

 

クリス・カイルという伝説の狙撃手の伝記映画。

イラク戦争を4度従軍し、米軍史上最多160人を射殺したことで英雄と呼ばれている。

 

僕はこの映画を見て複雑な気持ちになった。エンドロールで色んなことを考えた。こんなにエンドロールで余韻を感じたことは今までにないくらい印象的なエンドロールだった。

今回この映画はDVDで鑑賞したのだけど、この余韻を映画館で味わうべきだった。いい映画は映画館の空気感に反映されるものである。

 

戦争のなにが正しいのかは僕には分からない。クリス・カイルという人物を賞賛していいのか躊躇してしまう。祖国を守るためと妄信しているようにも映った。

だからといって、「アメリカ万歳!」というような戦争賛美な内容ではなく、兵士の心情の苦悩がきちんと描かれていて、正義って一体なんなんだ?という葛藤が心をえぐり胸が締め付けられた。

これは非常に賛否も別れるだろうし、色んなことが語られる映画だと思った。それくらいリアルな映画。