読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ディオールと私」を見た。

f:id:inu_suke:20150324231329j:plain

 

ファッションブランドクリスチャン・ディオールのドキュメント映画。

東京は、渋谷のBunkamuraのみの上映だった。席に着いて周りを見たら満席だった。8割は女性で、キレイでお洒落な人ばっかりでビビった。

 

2012年からラフ・シモンズが、ディオールの主任デザイナーに就任してから最初のパリ・コレクションで発表するまでを追ったドキュメンタリーという内容だった。

ラフ・シモンズは元ジル・サンダーのデザイナーで、メンズのイメージが強く、意外な抜擢だと言われていたらしい。シンプルなシルエットを好むラフ・シモンズだが、ディオールは女性らしいフェミニンでゴージャスなイメージらしい。

 

冒頭でディオールの上層部の人が「パリでオートクチュールの伝統を守っているブランドは2つしかない。そのうちのひとつがディオールだ。」みたいなこと言っていた。もうひとつはおそらくシャネルのことなのか、とにかくディオールオートクチュールのこだわりと伝統の重みを感じた。

オートクチュールというのはオーダーメイドで作られた一点ものの高級な仕立て服という意味らしい。ラフ・シモンズはオートクチュールでのコレクションの経験は無いらしい。プレッシャーが半端ない。

ディオールのアトリエには40年のキャリアの職人がゴロゴロいる。小針子さんが一針一針を手縫いでドレスを作るのだ。気が遠くなるほど繊細な仕事である。

そして、パリ・コレクションまでの期間は8週間しかないと。プレッシャーが半端なさすぎる。

 

ラフ・シモンズは、繊細な人らしく、「コレクションの当日はできれば取材は受けたくない。」「緊張するから人前に出たくない。」「人に囲まれると失神してしまう。」と凄いナイーブ。

 

果たしてコレクションは成功するのだろうか。

 

という映画だったんだけど、そりゃあもうコレクションは素晴らしかったですよ。あんなに人前に出たがらなかったラフ・シモンズが、まだモデルがランウェイを歩いてる最中なのに感極まって飛び出して行って、「ラフ!まだだ!ラフ!!」ってスタッフが大慌てで止めるくらい、素晴らしいコレクションでした。そのときのラフ・シモンズの顔がとてもいい顔で、いま思い出しても目頭が熱くなる。

 

クリスチャン・ディオールというブランドと、ラフ・シモンズのファンになってしまった。