読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ゴーンガール」を見た

f:id:inu_suke:20150126004039j:plain

「監督はデヴィッド・フィンチャー」それだけの情報で見た。

デヴィッド・フィンチャーなら面白い筈だ。面白さは保証されている。という期待で見たのだけどやっぱり面白かった。

そして前情報を一切知らない状態で見て本当に良かった。衝撃的な内容だった。

あ、もう「衝撃的だった」って言うだけでもネタバレになっちゃいそうだからあまり言いたくない。初見の人に僕と同じように衝撃を受けてほしいから言いたくない。そうなってくるとなにも言えない。この映画を見た人といますぐ話がしたい。

 

最後までどんな結末になるんだろうと固唾を飲んだ。

いったいクライマックスが何度あっただろうか。

 

なにか問題が起こったとき、どうすれば解決するのだろうかと考えて、自分ならこうなればいいなあとか、そんな解決の設計図を頭の中でチマチマと書いてるところに真っ黒いペンキでドシャーーっと上塗りされた気分になった。インパクトという力技でねじ伏せられた。それも予想もつかない方法で。完敗だと思った。

 

あと、サウンドトラックはナイン・インチ・ネイルズトレント・レズナーが担当しているらしく、重厚で緊張感のあるアンビエントで音楽も雰囲気があってすごくカッコ良かった。