読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ベイマックス」を見た

f:id:inu_suke:20140617192529j:plain

見る前に予告も見なかったし前情報を全く入れずに見に行った。

ウォーリーみたいな感じかと思ったら、Mr.インクレディブルだった。

どうやらこの映画はハートフル感動映画ではないらしい。戦隊ヒーローロボットアクション映画だった。

勝手に思っていた想像とだいぶ違って、見終わってから頭の整理に時間がかかったけど、結果的に感動して泣いた。

 

ベイマックスがとにかく可愛い。

献身的すぎる。

どっかぶつけてちょっと「痛い」って言っただけで過剰なほど心配してくれる。

しつこいくらい心配してくれる。

目の前に物があったら丁寧にどかしてから前に進む律儀さ。

律儀すぎて融通がきかない。

見境なく癒そうと近づいてくる。

体が大きすぎてかさばる。

歩くのが遅い。

アメをくれる。

 

そんなベイマックスが愛おしすぎた。

融通がきかないところがポンコツで愛おしい。

ベイマックスがポンコツであればあるほど泣けた。

ベイマックスが愛おしくて泣いた。

最終的にベイマックスのことが大好きになる映画だった。

 

しかし、念を押して言うがこの映画は、決してハートフル感動映画ではなく、戦隊ヒーローロボットアクション映画である。