映画「寄生獣」を見た

f:id:inu_suke:20141206190025j:plain

寄生獣の漫画を読んだのはたしか僕が10代の頃なので、読んでから15年以上になってしまう。正直うろ覚えなんだけど、この漫画は名作として心に残っている。

 

今回その寄生獣が実写映画化するということで、相当期待した。この漫画はファンも多いし、相当ハードルが上がっているに違いない。ただでさえ原作が漫画のものを実写で映画にすると失敗するパターンが多い。読者の頭の中のイメージとギャップがありすぎると非難されやすいらしい。

この作品の最も重要なキャラクターはミギーだと思う。寄生獣といえばミギー。僕が寄生獣が好きな理由はミギーというくらいミギー推しである。

そこでやっぱり一番気になるのは「ミギーのCG」と「ミギーの声」はどうなんだ。ってとこだと思う。

その点は僕は全く気にならなかった。むしろ自然。阿部サダヲの声も気にならない。キャストも豪華だし、主演の染谷将太の演技も素晴らしかった。僕はこの映画化は大成功だと思ったし、すごく面白かった。制作陣の気合いを感じた。

 

寄生獣の戦闘シーンもカッコ良かった。寄生生物に遭遇したときの恐怖感と絶望感がリアルで、躊躇無く人間が食い殺される恐怖がヒリヒリと緊張感があった。

 

原作を読んだのが15年以上前で、かなりうろ覚えだっかからなのかもしれないが、ひとつの作品として面白いと思ったので「原作がうろ覚え」というコンディションがもしかしたらちょうど良かったのかもしれない。久しぶりに漫画が読みたくなった。

 

しかし2部作なので途中で終わってしまった。完結編は来年の4月だというので楽しみに待とうと思う。