映画「ココ・アヴァン・シャネル」を見た

f:id:inu_suke:20141006001019j:plain

 

いくらファッションに疎い僕でさえ、シャネルというブランドくらいは知っている。

しかしココ・シャネルという人物がどんな人生を歩んだのかまでは正直知らなかった。

孤児だったってことも知らなかったし、若い頃歌手を目指していたことも知らなかった。夜のキャバレーで歌っているココが、そこからどうやって世界的ハイブランドとなるシャネルを作ったのか、シャネルというブランドが生まれる前の生い立ちを中心に描いた映画だった。

 

その頃の時代の女性のファッションって、貴族が着るようなレースがフリフリで、コルセットでウエストをガチガチに固めたロココ調のドレスに、羽をいっぱいつけたデカい帽子が流行っていたらしい。

そんな時代に黒いシンプルな服は「喪服みたい」って言われて、ココが作るスタイルは異端だと思われていたらしい。

逆に現代からすると貴族みたいなドレスのほうが珍しいわけで、貴族みたいな格好の人達の中にポツンと立ってるシンプルな服を着たココは未来からタイムスリップした現代人に見えてしまった。それくらいココが作りだすスタイルは当時からすると最先端だったのかと。

シャネルがのちのファッションにいかに影響を与えたということがクローズアップされていて、シャネルの魅力というものが少しだけ分かった気がした。とても繊細でエレガントなブランドなんだと。

 

そして、ココを演じるオドレイ・トトゥがすごく良かった。オドレイ・トトゥといえばアメリという映画のイメージしかなかったけど、くわえ煙草で洋服を作る凛とした立ち姿がカッコ良かった。