読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京から自転車で千葉に行った話

先日、自転車で千葉に行ってきたんですよ。

 

東京都世田谷区の二子玉川というところから、千葉県佐倉市というところまで。

走行距離が往復で約120km、合計18時間かかりました。

 

どれくらいの距離かというと、ひとまず地図を見ていただけると分かりやすいかと思います。

f:id:inu_suke:20130327122010p:plain

地図の左下が世田谷区二子玉川で、右上が千葉県佐倉市です。

 

この距離を自転車でひたすら狂ったようにただ走ったわけです。

自転車といっても最近流行のロードバイクのようなお洒落なものではなく、いわゆる普通のママチャリというやつです。ホームセンターで8千円くらいで買った安物のボロいやつです。

特に目的地は決めていませんでした。ただ漠然と「千葉県ってあんまり行ったこと無いから千葉方面に向かってみよう」という事だけ。

 持ち物は、財布とiPhoneと充電器とタバコくらいでした。iPhoneの地図アプリが道中とても助かりました。iPhoneが無かったら路頭に迷っていたでしょう。

 

 

・深夜2:00 二子玉川を出発。

 

まず、二子玉川から東京駅近辺を目指しました。

深夜出発した理由は、なるべく都内は人が多い時間帯を避けたかったのです。人も車も少なくて快適に走れました。知らない街に迷い込んだ不思議な気分にもなりました。普段は電車でしか来る事がないような街並みを自転車で走り抜けるのは新鮮でした。道中の東京タワーがとってもキレイで、しばらく眺めていました。

f:id:inu_suke:20130322034447j:plain

 

朝5:30 荒川河川敷

f:id:inu_suke:20130322060833j:plain

荒川の河川敷で急に視界が広がり、広大な荒川にしばらく圧倒されました。ここで一旦休憩をすることにしました。どうせならここで朝日が見たいなあと思ったので、コンビニでお弁当とあったかい甘酒を買ってきて、河川敷の芝生に座りながら日の出を待っていたけど、曇っててよく分からないうちに朝になってしまった。ちょっと肌寒かったので甘酒がしぬほど美味しかったです。

 

f:id:inu_suke:20130322055138j:plain

河川敷の反対側からはスカイツリーがぽつんと見えた。なんか民家の低い屋根に混ざって急にデカいのが立ってるのが違和感ありすぎて、使途みたいでゾクゾクした。

 

・午前8:00 千葉県船橋市

荒川を渡り、江戸川区を越え、千葉県に入り、船橋市を過ぎ、もうこのあたりはひたすら走ってました。船橋を過ぎたあたりからずっと片側1車線で、歩道も人が一人歩くのがやっとというくらい狭く、アスファルトもガタガタで、かなり辛くなってきました。そんな狭い道なのに車の通りが激しくて、大型トラックもゴーゴー走っていて怖い。おそらく、成田空港へ通じる道だからなのだろうか、そんな道が2、3時間続き、正直かなり心が折れました。

 

・午前10:00 千葉県佐倉市

f:id:inu_suke:20130322101744j:plain

もうかなり疲労が限界でした。出発して10時間近く自転車をこぎ続けている。また同じだけの距離を走る事を考えると進めば進むほど辛い。この時点でもう限界だとか言ってるのにまた同じ距離を走れるのだろうか…。「というか俺はちゃんと帰れるのか?」いい加減そろそろ帰りたい。しかし、せっかくここまできて、何も無いところで引き返すのはなんか嫌だ。なにか少しでも達成感を味わってから帰りたい。どんなにしょぼくてもいいから、なにか少しでもキレイな風景を見てこの旅を締めくくりたかった。

 

・午前11:00 印旛沼

f:id:inu_suke:20130322102304j:plain

 iPhoneの地図を見ると湖のようなところを見つけた。「今日はこの湖を見たら引き返すことにしよう」という目標を決めた。たどり着いた湖は、湖ではなく沼だったらしい。僕は湖と沼の違いがイマイチわからない。沼ってもっとドロドロしてるイメージなんだけど、これ、湖並みのデカさに圧倒された。この沼がどれくらいの深さで、それがどのくらい広さなのか全く把握できない。想像が超えすぎる風景に鳥肌が立った。こんなデカい沼、はじめて見ました。

 

f:id:inu_suke:20130322103726j:plain

沼の周りは、桜が永遠と囲んであって、「これ満開だったら凄いことになってただろうな…」と、悔しかった。実はこの日は東京は桜が満開だというニュースが流れていて、千葉県はまだ咲いていなかったんです。桜前線を自転車で追い抜いてしまった気分になった。

 

f:id:inu_suke:20130322103743j:plain

桜並木の手前は田園風景が続いていて、のどかで本当にいい所でした。奥をよく見るとなんと風車があるではないですか。

 

f:id:inu_suke:20130322104038j:plain

 ここは、オランダか、はたまたスイスかと。まだ咲いてないけどチューリップ畑もあった。これを見て僕は「やっと帰れる…」と思った。帰る理由の達成感に満たされた。今度はこんな自転車みたいな無茶な旅ではなく電車とかで改めてまたゆっくり来たいと思った。ほんとうにいい所でした。

 

・12:00〜20:00 帰路

f:id:inu_suke:20130322165640j:plain

 12:00に千葉から引き返して、二子玉川の自宅に着いたのが20:00頃でした。

行きは10時間、帰りは8時間。途中休憩したり寄り道したり、道に迷ったりした時間も含めてですが、大体往復18時間ほとんどずっと漕ぎっぱなしでした。

写真は東京駅付近なんですが、普段見慣れた高層ビルの景色がものすごく大都会に感じた。ここはニューヨークかと……。さっきまでのどかな田園風景を走っていたのでギャップで感覚がおかしくなりました。

 

東京に近づくにつれて、「帰ってきたーー」という喜びを噛みしめ、また明日から頑張ろうという気持ちになった。そしてもうしばらくは自転車に乗りたくありません。