読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「第9地区」を観に行った

f:id:inu_suke:20131007003930j:plain

第9地区」という映画を観に行ったんです。
「人間以外立ち入り禁止」というコピーのポスターがとてもグッときまして。

これ…すげえ面白かったです。

B級でチープな感じなのかな。とかナメていたんですね正直。
しかし、最初の5分で完全に引き込まれました。

あのね、すげえリアルなんすよ。設定とかすげえ細かいんすよ。

地球にエイリアンが来る話なんですけど、UFOが動かなくなっちゃって、エイリアンは仕方なく地球に停泊するんです。人間もエイリアンを保護して難民キャンプみたいに住まわせるんですが、スラム街みたいになってしまって、その地域が第9地区と呼ばれているんですよ。エイリアンを隔離した土地なんですね。

人間側としてはエイリアンに出て行って欲しいから、追放しようと対策を練るんですけど、その対応の仕方がなんか事務的なんですよ。書類にサインを求めたり、法律を作って取り締まったり、お役所仕事なんですよ。

でもさ、エイリアンに人間の秩序なんて関係ないじゃん。人間の常識なんて知るかよって話じゃん。

いままで地球外生物が地球を訪れるっていう映画はたくさんあったけど 、エイリアンをホームレスみたいな扱いをしてるのが斬新だと思った。

そんなエイリアンとのコミュニケーションを見ているうちに、なかなかかわいい奴じゃないかエイリアンも、とか思ってきたんですね次第に。そんなに悪い奴じゃないんですよエイリアン。

すると急に話が劇的に深刻になってしまって

えっ…
やばいよ!
これ、まずいじゃん!!

って、 気がついたら俺、エイリアンの気持ちになってました。

こんなに自分がエイリアンの気持ちになって考えたのははじめての体験です。

めちゃくちゃ面白かったです。

世界観もすばらしい。