読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「テルミン」を見た

f:id:inu_suke:20150214141726j:plain

テルミンという世界最古の電子楽器を発明した、テルミン博士の生涯を描いたドキュメント映画。

テルミン博士って、ロシアのエジソンって言われていたんですって。知らなかった。

ラジオの真空管から発する電波を手で遮ると音が変わるのを発見し、テルミンを発明したらしい。アメリカに渡米してテルミンを発表し、魔法のようだと世間は驚いたという。

その後も、人が近づくとセンサー音が鳴る防犯グッズを発明したり、発明家としてはエジソンにひけをとらない。

当時、第一次世界大戦真っただ中で、母国ソ連が「テルミン博士がなにか恐ろしい兵器を発明するかもしれない」と拉致し、軍事施設に無理矢理入れられてしまった。軍事用の監視カメラや、盗聴器を作らされたらしい。

そのせいでテルミンも、ホラー映画の効果音に使用される程度で、世間の記憶から遠ざかり忘れ去られてしまった。

ロシアのエジソンとまで言われた凄い人なら、もっと有名になっている筈なんだけど、こんな偉人を戦争という闇に葬られた罪は重い。ソ連のせいで偉大な音楽の発展の邪魔をされた気分になった。

のちに、テルミンの音に魅了されたムーグ博士という人が電子楽器「MOOG」を発明して、それがシンセサイザーに発展し、近年のテクノ音楽に繋がるのだという。やはりテルミン博士が音楽の歴史に与えた功績はあまりにも大きい。

なぜ僕が読んだ歴史の教科書にはこの人の名前が載っていなかったのか。テルミン博士がエジソンのように有名になっていないのが不思議でしかたない。