読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUMMER SONIC 2005_TOKYO 8/14(SUN)

サマソニ フェス 音楽

行ってきましたサマソニ

初めて行きました。しかも一人で。

7:00 起床
8:00 出発
10:00 会場到着

 

・タイムテーブル→ http://www.summersonic.com/05/table/index14.html


この日の目当てはDEATH CAB FOR CUTIE、13:50~。

それまで特に観たいものが無いので、とりあえず会場を探検する事に。気になってたのは、メッセとマリンスタジアムの距離。実際歩いてみると結構遠い。15分は掛かる。

暑いのでとりあえずビール。

ひととおり全部のステージの位置を確認。広い…!

腹が減ったのでパエリアとマンゴービールを。

個人的にはビーチステージの雰囲気が気に入った。海があって、ビーチにステージがありまったりしている。しかし残念ながらここで見る予定は無い。海をボーっと見てたらビーチステージのトップバッター「TUFF SESSION」がはじまった。レゲエっぽい低音が気持ちいい。

 

ひとまずメッセのほうに戻る

 

・ISLAND STAGE 12:45〜
NATSUMEN


NATSUMENナツメン)というバンドはインストバンドなんですけど、これは果たしてなんていうジャンルなのか、フリージャズなのか、ハードコアにも思えるけど…。

下北沢のライヴハウスではじめて見たとき、かなりの衝撃を受けたのです。ひたすら変拍子のリズム隊に、ホーン隊が両サイドから絡み合って、 その上からギターが暴れまくっていて思考を停止される。しかし時折とんでもなく美しいメロディーも出すから油断が出来ない。最近ROVOとの競演を果たらしい。異彩と貫禄が上がっていた。

 

・SONIC STAGE 13:50〜
Death Cab For Cutie

遂にデスキャブ! この瞬間を待っていた! かぶりつきは無理だったが前から2、3列目くらいをキープ。

ライブ前のセッティングをボーカルのベンが自らやっていた。 そこら辺にインディーズ精神を感じた。いや単にローディーが居ないだけなのかもしれないけど…。いや、変にスター気取りしないのがこのバンドの魅力の一つかもしれない。このバンドは派手さはないけどメロディがいいんですよ。そしてボーカルの声がいい。大好きなバンドです。

 

今日の目標を達成し、タイカレーとサクランボビールをのんびり食べていると、ROCK STAGEのほうが何やら騒がしい。次のパフィーカエラ目的の人達の大移動が。

まぁ、この2つは一目見る程度でいいかなとのんびりしていたら 「パフィーで既に入場規制」通路ごと封鎖している。

えっ…そんなのあるの…!? 

パフィーをナメていたし、はじめてのサマソニ、入場規制というものがあることを知らなかった。

観れないとなると尚更見たくなるというもので、人の波に合流。通路にはどんどん人が溜まる。 次のカエラ目当ての人もプラスされていく。 次第にピリピリとした空気に。 どうやらパフィーが終わってから封鎖が解除されるらしい。 そして、封鎖解除の瞬間なだれ込む人々。メキメキいうポール。キレるスタッフ。再び封鎖。やり直し。今度は順番に2、3人ずつ入れと、やれやれと入場したが、言うほどそんなに混んではいなかった。なんだよ…。

 

・ROCK STAGE 15:45〜
木村カエラ

木村カエラ、バックバンドすげえカッコ良かった。ドラムが柏倉さん(toe)で、ギターはアイゴン(LOW IQ 01SUPER STUPID)とかなんとか、バンドがやけに豪華。

イントロが始まるとtoeを彷彿とするタイトな演奏で、イントロだけでポストロックみたいでエモかったんだったんだけど、カエラが歌いだすと途端にJ-POPになってしまうというギャップがすごかった。

だがそろそろマリンスタジアムの様子が気になる、ウィーザーをマッタリ観るためにはスタンド席の絶好のスポットをキープしたいところだ。

せめて「忘っすっれないで~♪」くらいは聴いておきたい。 案の定、その曲が終わった途端に大勢の人がわらわらと移動。みんな考えてる事は一緒なのね…。

 

マリンスタジアム


MARINE STAGEへ到着するもマリンスタジアムは既に一杯。下のアリーナはもちろん上のスタンド席も殆ど埋まってしまっている。(みんな椅子に荷物を置いてキープしている)不覚だった。「ウィーザーをまったり観る贅沢」 の計画が崩れ落ちる。考えが甘かった。 ちょっと中央からそれるが、右側の空いている席を発見しなんとか落ち着く。

 

 ・MARINE STAGE 16:00〜
WEEZER


ウィーザーをまったり観る贅沢」 とか余裕ぶってスタンドでおとなしく座って見ていたんだけど、やっぱりもっと近くで見たくなった。我慢しきれなくなって荷物を席においてダッシュでアリーナに降りて、限界まで前に進んだ。しかし、前に行き過ぎてモッシュピットの中に入ったはいいんだけど、なんか客がみんな熱唱していて、「あ、いや…お前らの歌はいいよ…リヴァースの歌が聴きたいんだけどさ」ってなんか全然集中して見れないから、結局スタンドのさっきの席に戻ったという。隣のカップルの「あれ?戻ってきた。」という視線が痛い。せわしない動きをして何曲か聞き逃してアホみたいだった。

WEEZERは最高にカッコ良かったです。


次はいよいよ、ヘッドライナーのオアシスだ。

 

 ・MARINE STAGE 19:30〜
OASIS

 

しかし、オアシスがなかなか姿を見せない。
10分経過…。まだ出てこない。
しびれを切らした会場は、催促の手拍子と歓声が起こる。

20分経過……。まだ……?「まさかドタキャン…??」

オアシスは、ギャラガー兄弟の仲が悪く、直前で喧嘩して帰っちゃうなんてのは珍しくないらしい。不安と不穏な空気が会場を包む。

「このまま終わるなんてそんなの嫌すぎる…!」

客席から催促のようにウェーブが起こったり。歓声がどんどん大きくなる。

その時、ステージがライトに照らされ「きた!?」と、割れんばかりの大歓声。

しかし違った。「只今、機材トラブルのため、音が出せません」というスタッフのアナウンスだった。
「ハァ〜ーーー……」

会場全体をため息が包む。こんな大規模なため息は初めて聞いた。数万人規模のため息。


結局、40分遅れでスタート。オアシス帰らなくてよかったと一安心。 


そんなトラブルのせいなのか、妙な一体感が生まれてた気がした。それともこれも演出だったのか…? 特に終盤の「Wonderwall」~「Don'Look Back in Anger」の流れが圧巻だった。「Don'Look~」のサビを会場全体が大熱唱してて鳥肌が立った。モニター越しのノエルの切ない表情が印象的だった。 そしてラストにThe Whoのカバー「マイジェネレーション」をやってくれて嬉しかった。

最後、花火が上がり終了。


サマソニ、行くのはじめてで効率よくステージを回れずに苦労したり、色々見逃しているものもたくさんあったと思うけど、かなり楽しかった。

また行きたと思う。